Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Hcap.jpg


うらやましいか?と聞かれたらそりゃねと反応してしまいそうですが
じゃあなぜ大きい胸がいいの?という質問には男女ともなかなか
はっきりと答えられないのではないでしょうか。

スリムなボディにHカップの胸という身体で生きてきた
ジャーナリストの著者スーザンさんが「Cカップだったら人生は違った?」
という自らの疑問を解明すべく、巨乳雑誌の編集長や
美容整形手術医など、バストに関わる仕事をしている人たちに
体当たりで取材した記録です。
 


スポンサーサイト


20071110133638.jpg


35歳で横浜ベイスターズを退団した元エースの斉藤隆。

翌年ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約したとき
入団会見に集まった記者はたった数人。

しかし思わぬことでチャンスを与えられたときから
彼の快進撃が始まった…

今季も好調な斉藤投手の、去年1年間の奮闘の記録です。

新しい環境下での戸惑い、マウンドに立つときの痺れるような
緊張感、それら全てを目一杯楽しんでいるかのような雰囲気に
「大リーグに行って良かったね!」と思わず
心の中で話しかけてしまいます。





16318660.gif


捜査中の事故で四肢麻痺となり

動かせるのは首から上、そして左手の薬指だけ。

しかし彼は

比類なき頭脳と研ぎ澄まされた洞察力の持ち主・・・


元ニューヨーク市警の辣腕刑事、リンカーン・ライムが

活躍するシリーズの第一作です。

美人巡査のアメリア・サックスを自分の分身として現場に行かせ

彼女を「遠隔操作」しながら連続殺人事件の犯人を

追い詰めてゆく展開は正にジェットコースター!

アメリカのTVドラマ「CSI:科学捜査班」シリーズが

お好きな方には、お勧めです!





20070312000258.jpg


30年に一度、ひとつの町の住民が予告もなく消滅する。
住民を消すのは「町の意識」。
いなくなった人を思い出すことはできない。
なぜなら、消滅した町に関わることを考えると
人は町に「汚染」されてしまうから…

デビュー作『となり町戦争』で「公共事業という名の戦争」を
描いた三崎さんが次に作り上げたのはこんな世界でした。
消えた住民の持ち物を集めて廃棄する「国選回収員」
消滅を食い止めるための「消滅管理局」で働く女性ら
悲しみを抱えた人々の静かな闘いに胸打たれます。





いちばん大事なのは
お帰りって声をかけてくれる人がいること。
10132520.jpg


妻を亡くした親友の家に居候し、彼の息子を育て
家事をきりもりする38歳の渡辺毅。

離れ離れになった再婚相手の娘を想いながら
仕事に邁進するキャリアウーマンの児島律子。

彼らが手に入れた、温かな
「ウェルカム・ホーム(おかえりなさい!)」の風景とは?

血の繋がらない家族だって全然ヘンじゃないよ!
フツーなんだよ!と堂々と胸を張って主張する
著者、鷺沢さん。
彼女が亡くなる直前に刊行されたこの遺作は
たまらなく優しく明るい光に満ちています。






48840809.gif


82歳とは思えない頭脳と、慈悲深い心を持つ紀州和歌山の大富豪
柳川家の女主人とし子を誘拐した若者3人。
「人質と誘拐犯」だったはずの彼らは次第にとし子をリーダーとする
ひとつのチームとなり、柳川家から百億円(!)を
引き出すために知恵を絞る。
前代未聞の「人質のテレビ生中継」を企てる彼らと、
とし子を恩人と慕う和歌山県警本部長、井刈の対決の行方は…?

誰も死なない、あと味もいい。
爆笑シーンもふんだんに盛り込まれた、万人に勧められる
貴重なミステリーです。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。