Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



20071110133638.jpg


35歳で横浜ベイスターズを退団した元エースの斉藤隆。

翌年ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約したとき
入団会見に集まった記者はたった数人。

しかし思わぬことでチャンスを与えられたときから
彼の快進撃が始まった…

今季も好調な斉藤投手の、去年1年間の奮闘の記録です。

新しい環境下での戸惑い、マウンドに立つときの痺れるような
緊張感、それら全てを目一杯楽しんでいるかのような雰囲気に
「大リーグに行って良かったね!」と思わず
心の中で話しかけてしまいます。



スポンサーサイト


48081648.jpg

華美な比喩ももったいぶったような言葉も一切使わず

かつ自慢も謙遜もせずに自分の成長記を書く…

こんなものすごく難しいことをやってのける

15歳のエッセイスト、華恵さんの書き下ろし作品です。

本にまつわる思い出を絡めて

家族や友達のことを綴った14編。

どれも先が気になるひとつの物語として成立していて

読後、ほんのりとした淋しさと温かさが胸に染みこみます。




心映えの記


太宰治の娘である著者の治子さんが、太宰と結婚することなく自分を生んだ

母静子さんとの生活を回想した随筆です。



12204571.jpg



気丈で、はっきりものを言い、自由な魂を持っていた母。

妻子ある男性に惹かれてしまう娘の性質を見抜いていた母…

どこか、静かに一触即発の気配を潜ませていたふたりの日々が、しっとりと穏やかな

筆致で綴られています。

自分を良く見せようとしない治子さんの文章は、飾らないということの本質を教えてくれます。







昨日うまれた切ない恋は

イラストエッセイと五・七・五の川柳で描く、女の子たちの恋のワンシーン。

まっすぐな片思い、切ない夜、ちょっとずるいカケヒキ―みじかい物語の中に

あなたの心にしみこむ言葉がきっとある。


84011180.jpg



「キミのこと忘れる私を覚えてて」「しあわせまで願わないけどお元気で」…

くすっと笑ったあとに、そういえば、そういうことも、あったなぁ、と思わせてくれる

言葉満載の一冊です。

セキララな女の本音をさらりと、かつ端的に映し出した川柳、エッセイ、イラスト。

勝負下着は上下おそろいのものにしない心理、優しいところが好きと言われて

ちょっと傷つく心理…男性のみなさん、恋愛ノウハウ本を読むよりも

ずっと女心に詳しくなれますよ!



~ご報告とお礼~
いつもランキングへの応援、ありがとうございます!
↓ranQの本・読書カテゴリーで第3位をマークしました♪
80-15-2.gif

これからも応援よろしくお願いします!




ハワイの50の宝物

たくさんの人をとりこにしている4つの島、ハワイ。

古代の人々の叡智に満ち溢れたハワイの「静かな魅力」を教えてくれる写真集です。


57605057.jpg


渓谷にかぶる雲が作る幾筋もの細い滝、月の光が映し出す夜の虹

コナコーヒーのつややかな赤い実、大地と海に降る霧雨などの神秘的な「宝物」が

ハワイの豆知識をちりばめたエッセイとともに紹介されています。









| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。