Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



20070312000258.jpg


30年に一度、ひとつの町の住民が予告もなく消滅する。
住民を消すのは「町の意識」。
いなくなった人を思い出すことはできない。
なぜなら、消滅した町に関わることを考えると
人は町に「汚染」されてしまうから…

デビュー作『となり町戦争』で「公共事業という名の戦争」を
描いた三崎さんが次に作り上げたのはこんな世界でした。
消えた住民の持ち物を集めて廃棄する「国選回収員」
消滅を食い止めるための「消滅管理局」で働く女性ら
悲しみを抱えた人々の静かな闘いに胸打たれます。



スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。