Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨恋

この本の主人公は、30歳会社員の沼田渉と24歳で亡くなった千波。

千波は雨の降る日にしか現れない幽霊、自分の死は殺人なのか、事故死なのか・・・
渉の協力で解き明かして行く恋愛ミステリーです。

ラスト2ページが何とも切なく、こころにジーンときます。



10473301.jpg



世界がずっとこのままであればいい。ぼくは雨が永遠に止まないことを祈った
静かに深く彼女とつながりながら……。

ありえない恋を描ききり、ラスト2 ページの感動、そして余韻。

早くも2005 年ベスト1 確実!との下馬評の高い恋愛小説。
いまのうちに読んでおこう。
                  【2005年4月ダ・ヴィンチより】






スポンサーサイト




初めまして。
私も良く本を読みます。SFとか自己啓発とか起業ですけどw
自分で小説を書いてみたり・・・。
たまに寄らせてもらいます。
【2005/11/01 13:13】 URL | まお #aYDccP8M[ 編集]
まおさんへ
ご訪問、ありがとうございます!
どんな小説を書いているのかしら?
今度、聞かせてくださいね。
【2005/11/01 14:27】 URL | nacoo #AYRMQa7Y[ 編集]
恥ずかしくてお見せできるような代物じゃありません。
でも知り合いに読ませたら面白いって言ってくれるし(どっちやねん!)
物忘れ・・・、私もひどいですが、忘れてしまうことはその人にとって本当に大事ではないと言う説もあります。
やっぱ、脳を鍛えないと駄目みたいですねー。
それではん。
【2005/11/01 16:51】 URL | まお #aYDccP8M[ 編集]
まおさんへ
そう言われるとよけいに読みたくなりますねぇ(フフフ)

やっぱり、脳が老化しているんですね。
脳を鍛える本を探しますっ!

また、いらしてくださいね。
【2005/11/02 11:37】 URL | nacoo #AYRMQa7Y[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。