Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弥勒の月


『バッテリー』で人気の著者初の長編時代小説として
『小説宝石』に一挙400枚を掲載した作品。

33492487.jpg


江戸時代後期、東京の本所。
若い女性おりんの溺死事件を担当することになった同心の信次郎と岡っ引の伊佐治。
おりんの夫、清之介の持つ濃い闇のような影に興味を惹かれた信次郎は
父親ほどの年齢の伊佐治とともに捜査を進めるのだが…。

あの「バッテリー」で大ブレイクしたあさのあつこさん、時代小説もすばらしい!
先の読めないストーリーに複雑さを含んだ人物たちを絡ませた傑作です。
冷たく澄んだ月が夜桜の妖しさと哀しさを浮び上がらせている表紙の写真が
この小説の空気を全て映し出しています。




スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。