Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いちばん大事なのは
お帰りって声をかけてくれる人がいること。
10132520.jpg


妻を亡くした親友の家に居候し、彼の息子を育て
家事をきりもりする38歳の渡辺毅。

離れ離れになった再婚相手の娘を想いながら
仕事に邁進するキャリアウーマンの児島律子。

彼らが手に入れた、温かな
「ウェルカム・ホーム(おかえりなさい!)」の風景とは?

血の繋がらない家族だって全然ヘンじゃないよ!
フツーなんだよ!と堂々と胸を張って主張する
著者、鷺沢さん。
彼女が亡くなる直前に刊行されたこの遺作は
たまらなく優しく明るい光に満ちています。



スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 本の小径, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。